なぜほうれい線はできてしまうの?

ほうれい線消す → 原因と対策方法

ほうれい線消す方法-原因と対策

ほうれい線は女性のお肌の大きな悩みです。口元にくっきりほうれい線が入ってしまうと顔が一気に4、5歳老けて見えると思いませんか。これはすごくショックなことですし、鏡の前で自分の顔を覗くのが怖くなります。

この目立つほうれい線の理由はお肌の乾燥や疲労、加齢のための筋肉の衰えのせいです。さらに一般的な体型の方よりも痩せている方にできやすく、乾燥肌の人は特にできやすいです。

子供の頃は誰であってもたっぷりとお肌に水分を含んでいるので、ほとんどの場合は幼少期は肌がプルプルして触り心地が良いです。ですが年齢と共にお肌の水分は段々無くなっていき、お肌が下に落ちていきます。これがお肌のたるみに繋がり徐々にほうれい線が目立つようになっていきます。

また、顔の筋肉を動かさないと皮膚を持ち上げる力が段々衰えていき、余計な老廃物が溜まっていくことでほうれい線が目立ってくるのです。 ほうれい線対策のためにするべきことは乾燥をしないようにするために保湿することや、顔の筋肉を解すためにマッサージすることです。ほうれい線専用のマッサージや顔の体操を行なったり、保湿化粧品を活用することが重要です。

これをすべて継続して行うとほうれい線は段々落ち着いてくるでしょう。特に保湿は毎日念入りに行い肌の乾燥を防いでください。ほうれい線は誰にでもできるものですが、乾燥肌の人は特に目立ちます。

乾燥肌でハリを失くしてしまうとほうれい線の自己主張が激しくなるのでなるべく乾燥肌を対策することをオススメします。化粧水や美容液、クリーム、パックなどほうれい線対策のための化粧品はたくさんあります。是非使ってしっかりアンチエイジングに活用しましょう。
MORE

ほうれい線はお肌のシワの一つです。これが目立ち出すと一気に顔は老けこみ老人に近づきます。老けこんだ顔になりたくなければきちんと対策を行いましょう。表情筋を動かしたり、マッサージしたり、化粧品を使っても効果がない場合は、美顔器や美容皮膚科を利用する手もあります。どのような方法を使っても良いので、きちんとほうれい線対策を行いましょう。

アンチエイジングで脳を活性化しよう

アンチエイジングには、人それぞれのライフスタイルや環境によって 取り入れる対策が様々です。 その中で、ウォーキングをして脳を活性化し、アンチエイジングに繋げると言う方法を お話ししていきたいと思います。

皆さんは、歩く事は脳に良いと思いますか? 脳の血管の直径は、約500ミクロン(ミクロン=ミリの100分の1)程で、活動が活発です。 脳そのものは、全体重の大体2%程度しかないのに、全エネルギーの18%も消費しているとされている場所です。

そして、足からのリクエストによって、頭頂部から血流が促されるようになり、血液が脳内全体に行き渡るのですが足を止めると、送られてくるリクエストもなくなるので、頭頂部にまで血液が回りにくい状態になってしまいます。

血流が低下すると、徐々に脳の細胞は衰退が始まっていきます。 また、加齢に伴い、脳の血流自体も少なくなります。 80歳を過ぎると、20代の約半分の血流しかなくなると言われているようです。

そこで、脳を活性化させる為にも、脳を鍛える歩き方をして アンチエイジングを始めましょう。

脳を鍛える為の歩き方と言うのは、有酸素運動として行う、通常のウォーキング方法とは異なります。 まず、1つめは携帯機器等でBGMを聞くのは避けましょう。 と言うのも、BGMを聞いて歩いていると、自分の世界に入りやすくなってしまうので 周りの変化を見落としがちになってしまいます。

2つめは、あまり速度を上げすぎず、ゆとりをもって歩くようにしましょう。 速度を上げるほど、視界も狭くなってしまうので 周りの変化に対する発見が減ってしまいます。 心拍数は特に気にする事なく、ゆったりとした気持ちで歩いていきましょう。

3つめは、景勝地より、市街地での変化を楽しみましょう。 新たな変化を見つけると、脳細胞は活発になり、正常に機能するようになります。

4つめは、ウォーキング中は、遠くや近くを見たり、立ち止まってから周囲を見回しましょう。

5つめは、例えば電車の中にいる時は、中吊りの広告をチェックしたり 一般的に、右半球の大脳は全体を見て 左半球で部分に注目していると言う事ですが、どちらも同じように使う事によって 脳の老化を防ぎ、脳が活性化する事を目標にしていきましょう。

正しいお顔マッサージでアンチエイジング

基礎化粧品で、日々のスキンケアも当然大切ですが 新陳代謝が低下してきた年齢肌には 顔のマッサージをする事で、より効果がアップされます。

今回は、最も効果的とされるマッサージ法を紹介致します。 効果の感じ方には、個人差がありますが 試してみる価値はあると思うので、是非この機会に実践してみて下さい。

注意点ですが、マッサージをする際は、クリームやゲルを使って、滑りをよく、なめらかにする事がポイントです。何もつけず、そのままマッサージをするのは、摩擦になり、肌に余計な負担をかけてしまいかねないので必ずクリーム等をつけてから始めて下さい。

また、手に力を入れすぎて、顔を圧迫したりする事のないようにして下さい。 顔の皮膚は、思っているよりも薄く、デリケートな部分なので 過剰な刺激を与える事はNGです。 マッサージで使う指は、中指、薬指、小指の3本がおすすめです。

ではここから、顔のたるみが解消出来るマッサージの手順をお教えします。

まず初めに、クリームもしくはゲル等と、顔全体にたっぷりとのせてのばしていきます。 この時使用するクリームの量が少なすぎると、効果は半減してしまうので コスパの良い製品等を使って、出来るだけ多めに使いましょう。

2番目に、親指と人差し指で、頬や顎ラインの脂肪を優しくつかみ、少しひねって離すを繰り返して 顔全体をほぐしていきます。

3番目に、中指と薬指と小指を使って、口角から頬へ、上へ上へと引き上げるようにして 頬の引き締めマッサージをしていきます。 大体3回程度を目安にすると良いでしょう。

4番目に、口角のしわから、顎、そして小鼻へと3回程度マッサージして、口角のアップをしましょう。 ゆっくりと、優しい力加減でお願いします。

5番目に、目頭を軽めに抑えたら、目頭から眉下、目尻にかけて、そして目尻から目頭へと 円を描くようにして、これも3回程度指を動かしましょう。 これで目元のたるみを解消します。 ただし、目元は特に繊細な場所ですから、力を入れるのではなく、軽くなでるようにマッサージをする感じで構いません。

6番目に、眉間と額の上の方に指をあて、上下ひっぱりながら3回ゆっくりと伸ばしていきましょう。 これで額のしわをとっていきます。

最後に、両頬を手のひらで覆うように当てて、上下に小刻みに動かしながら、耳下へ向けてマッサージしていきます。 3回ぐらいしてから、両耳の下にあるリンパ節を軽く押して、そこから首のラインへ指をなで下ろすような感じで マッサージを終了します。 これで、リンパの流れをよくしていきましょう。

このマッサージはいつでも行えますが 特にお風呂上りなど、体が温まっている時に行う事で 一段と効果が感じられるかと思います。

スキンケアにマッサージを取り入れる事で メイクのノリもグンとアップしますので 是非とも試していただきたいです。